· 

ことばで何を感じるか?!

2018年は私にとって変化の年、

生活を変えなければ出会えなかった方々とも出会い 、

たくさん交流する機会に恵まれ、

感謝、感謝の一年でした。

 

そんな中で、一番インパクトがあったことばは、

「プライドで飯が食えるのかっつぅの!!!」です。(笑)

たまたま、正月番組を見ていたら、女性タレントが

同じことばを発していました。

 

そのことばがなぜインパクトがあったのかというと・・・

私は二度と連絡を取るまいと決めた相手に、仕事上で連絡することになり、

「私のプライドが許さない」と拒んだら、

「プライドで飯が食えるのかっつぅの!!!」と言われました。

結局はもやもやしながら連絡をとり、

相手の方は突然の依頼に対し、厚意的に受けてくれ、

結果、商談成立となりました。

 

そこで、気付いたのは、

私がプライドだと思っていたことは、

単なる「自己防衛からくる思い込み」に過ぎなかったということ。

その思い込みは、「拒絶されるかも」「嫌な態度を取られるかも」

「今更、恥ずかしい」などなど、全ては自意識過剰な勘違い。

プライドということばを使うこと自体、間違っていました。(笑)

 

そして、もうひとつのエピソード。

「ここは、自分で頑張るべき!」「ひとりで乗り切らなければならない!」

私の中によくある「~するべき」「~しなければならない」

これもプライドを守らねば的に考えていました。

でも、どうしようもならなくなり、遂に助けを求めた。

そうしたら、何にも言わずに助けてくれました。

「~するべき」「~しなければならない」は、

プライドとは何も関係がなかった。(笑)

 

そう、全ては自分が作り出したもので思い悩んで

プライドのためと思い違いをしていたのです。

疑心暗鬼が作り出した不安と恐怖で・・・。

「答えは自分の中にある」とはよく言ったものです。

 

そこで学んだことは大きかった!!!

私自身で正直にぶつかっていけば、嫌われることは絶対にない。

(これも言ってくれた人がいたのです。ありがとう!)

壁を作ったり、問題を大きくしているのは、

全て自分だったということに帰結しました!(笑)

 

ことばって本当に不思議です。

これからは、ことばに拘って発信していきます。

長くなりましたが、読んでいただきまして、

ありがとうございます。

 

2019年は、どんどん活動していきます!

どうぞ、よろしくお願い致します。